保険のギモンを解消! 女性医療保険

@niftyトップ

保険のギモン

保険のギモン女性医療保険の基礎知識

女性医療保険編

保険の基礎知識をご紹介しています。
保険について知ってから選びたい方や自分の入っている保険について知らない方はぜひご覧ください。

保険のギモン

女性医療保険編

主婦の方の中には、夫の死亡保険の家族保障特約で補っているという方もいらっしゃるかもしれません。この場合夫の保険の主契約部分を解約してしまうと、特約部分も消滅してしまいますし、ましてや離婚してしまうと保障が受けられません。

そこで、女性が大きな死亡保障があまり必要ないという前提の上で、医療保障は確保したいというニーズを元に、最近では女性限定の医療保険商品や、医療特約が増えてきています。

女性医療保険はどんな保障? 

基本的には、入院・手術に対して給付が受けられる医療保険と同じなのですが、女性特有の病気については保障が上乗せされています。具体的な例で申し上げますと、子宮がん・乳がん・子宮筋腫・子宮内膜症などで、入院した場合は通常の給付日額に上乗せされるとか、手術した場合も手術給付金に上乗せされて支給されるというタイプが一般的です。

どんな分類があるの?終身・定期・共済 

皆さん女性は90歳まで何割の方が生存していらっしゃると思いますか?平均寿命86歳というのはなんとなく覚えていらっしゃるかもしれませんが、若い方はただ漠然とああ、86歳までは生きるのかしらぐらいにしか思っていませんよね。約4割の方は90歳まで、約2割の方は95歳まで生存するというデータが出ています。高齢になればなるほど病気・ケガの確率は高くなりますので、終身で保障を準備できら安心ではないでしょうか?

定期は加入時の保険料は割安ですが、5年・10年など更新ごとに確実に保険料はアップします。更新し続けても85・90歳で保障が切れるタイプが多くあります。共済は元々現役世代の相互扶助の精神から発足したものですので、60・65歳以後の保障は少なくなることが多いでしょう。

また、ボーナスと称して何年か毎に生存一時金が支払われるタイプが多いのも女性医療保険の特徴ですが、当然ですが保険料が高くなります。どうしても貯金が出来ないわ。というタイプの方以外は、保険は保険、貯蓄は貯蓄と分けたほうがよいかと思います。なぜなら、いざというとき引き出したくても保険を解約するわけにはいきません。固定されるお金になってしまうからです。手元にあれば、より有利な方に預け変えたりできますので。

女性医療保険を一覧で比較

比較

申し込みたい保険会社が決まっておらず、じっくり比較して検討したい方は商品を比較してみましょう。

保険商品を比較する

自分に合った保険を相談

自分に合った保険を相談

入りたい保険について特に決まっておらず、まるっとプロにおまかせしたい方は保険の訪問相談がおすすめです。

保険相談の詳細を見る

女性医療保険ランキング

ページの先頭へ ↑

  • 当社が取扱う生命保険商品(医療保険(入院保険)、がん保険、死亡保険(定期保険・終身保険)、個人年金保険、子供の保険(学資保険)など)について、一定の項目のみを示したものであって保険商品間の優劣を意味するものではありません。また、保険商品の内容の全てが記載されているものではありません。表示の保険料は一例であり、年齢・性別・保障内容などの前提条件によって異なります。各保険商品の保障内容・保険料等の商品の詳細につきましては、資料をお取り寄せいただき、「パンフレット」や「ご契約に際しての重要事項(注意喚起情報・契約概要)」、「ご契約のしおり・約款」等を必ずご確認ください。

  • 保険募集については以下のようになっております。
  • 資料を請求されて(または、オンラインで)申し込まれた場合: 募集代理店・取扱保険代理店 ニフティ株式会社
  • 保険相談をされて申し込まれた場合: ニフティ株式会社と以下のいずれかの募集代理店・取扱保険代理店との共同募集の取扱いになり、詳細は、お電話または書面にてお知らせ致します。株式会社ライフプラザパートナーズ、マイコミュニケーション株式会社、株式会社ほけんの110番、ブロードマインド株式会社、FPアソシエイツ&ファイナンシャルサービシズ株式会社、株式会社グッドウィン、株式会社ウィッシュ
  • 保険の無料アドバイスを申し込まれた場合: 募集代理店・取扱保険代理店 ニフティ株式会社・ブロードマインド株式会社