保険のギモンを解消! 死亡保険

@niftyトップ

保険のギモン

保険のギモン死亡保険の基礎知識

死亡保険とは

保険の基礎知識をご紹介しています。
保険について知ってから選びたい方や自分の入っている保険について知らない方はぜひご覧ください。

保険のギモン

死亡保険とは

被保険者が死亡した時や高度障害になった時に保険金が支払われるもので、大きく分けると次の3つに分類することができます。

定期保険

《メリット》
一定期間の保障なら終身保険や養老保険より月々(年払いの場合は年毎)の保険料が安い
《デメリット》生涯を通しての保障には保険料が割高になるため不向き

定期保険は一定期間の保障をするもので、いわゆる掛け捨てタイプの保険になります。 (長期の定期保険には、途中解約する場合解約返戻金があるものもあります)
期間を限定して保障されるため、死亡率の低い若年層は保険料が安く、逆に年齢層が高くなると保険料は高くなります。この保険は子供が成人するまでの間だとか、退職するまでの収入のある間などの一定期間の遺族保障などに適しているといえます。
逆に一生涯の保障が必要なのに、知らずにこのタイプの保険を掛けていると、結果的に保険料が割高になることもあるので(長生きした場合)、注意が必要です。

終身保険

《メリット》
一生涯の保障があり、解約返戻金もあるため老後資金にも活用できる
《デメリット》
資産性があるため保険料が割高になる

終身保険は貯蓄性があって、解約返戻金もあるため、その分保険料は高めになっています。生涯を通じて保障されるので、保険金は100%支払われることになり、死後の葬儀費用や配偶者や子供たちに必要な資金を残すことができます。
逆にいえば、一定期間の保障だけで十分なら定期保険などに掛け直した方が保険料の負担を軽減できます。
また、予定利率により保険料が決まるので、同じ保険金額でも過去の予定利率が高かった時代に比べ、現在のように利率が低い時期は保険料が高くなっています。

養老保険

《メリット》
貯蓄と保障の両方の準備ができる
《デメリット》
死亡保障としては保険料が高額になる

養老保険は死亡保険金と同額の満期保険金を受け取ることができますので、貯蓄と保障の両方の準備ができることになりますが、予定利率が低い現在は貯蓄の方のメリットがあまりありません。また長期間の固定金利になるため、金利が上昇しつつある現在は、加入に際しては慎重に判断する必要があります。

死亡保険を一覧で比較

比較

申し込みたい保険会社が決まっておらず、じっくり比較して検討したい方は商品を比較してみましょう。

保険商品を比較する

自分に合った保険を相談

自分に合った保険を相談

入りたい保険について特に決まっておらず、まるっとプロにおまかせしたい方は保険の訪問相談がおすすめです。

保険相談の詳細を見る

死亡保険ランキング

ページの先頭へ ↑

  • 当社が取扱う生命保険商品(医療保険(入院保険)、がん保険、死亡保険(定期保険・終身保険)、個人年金保険、子供の保険(学資保険)など)について、一定の項目のみを示したものであって保険商品間の優劣を意味するものではありません。また、保険商品の内容の全てが記載されているものではありません。表示の保険料は一例であり、年齢・性別・保障内容などの前提条件によって異なります。各保険商品の保障内容・保険料等の商品の詳細につきましては、資料をお取り寄せいただき、「パンフレット」や「ご契約に際しての重要事項(注意喚起情報・契約概要)」、「ご契約のしおり・約款」等を必ずご確認ください。

  • 保険募集については以下のようになっております。
  • 資料を請求されて(または、オンラインで)申し込まれた場合: 募集代理店・取扱保険代理店 ニフティ株式会社
  • 保険相談をされて申し込まれた場合: ニフティ株式会社と以下のいずれかの募集代理店・取扱保険代理店との共同募集の取扱いになり、詳細は、お電話または書面にてお知らせ致します。株式会社ライフプラザパートナーズ、マイコミュニケーション株式会社、株式会社ほけんの110番、ブロードマインド株式会社、FPアソシエイツ&ファイナンシャルサービシズ株式会社、株式会社グッドウィン、株式会社ウィッシュ
  • 保険の無料アドバイスを申し込まれた場合: 募集代理店・取扱保険代理店 ニフティ株式会社・ブロードマインド株式会社