家を買った時に考える保険~火災保険・死亡保険~

ライフステージ別保険の選び方<家を買ったら>

イメージ画像

イメージ画像

マイホームを購入する時は、保険見直しの重要なタイミングです。多くの人は住宅ローンを抱えることとなるため、保険の見直しで出費を減らすことができないか検討してみましょう。また、自宅の維持・管理にかかる費用に備えることも必要です。

ポイント1何がいつ起きるかわからない マイホームのトラブルに備える!

家のリフォーム費用の目安(※1) 家のリフォーム費用の目安

マイホームを購入すると、その後の維持・管理を自分で考える必要があります。火災や地震などで住宅に被害が生じた場合も、その補修費用を負担しなくてはなりません。火災害による住宅の被害を補修するためには平均で1,762万円の費用がかかるため(※1)、火災保険、地震保険で万が一に備えておきましょう。 また、自然災害以外にも注意するポイントが、水漏れや落下物、盗難などによる被害です。水道管が凍結して破裂し、床や家具が水浸しになってしまったり、石を投げられて窓ガラスが割れてしまったといったトラブルもいつ起きるかわかりません。火災保険の契約時に、ご自分の家の場合にはどんなトラブルが起こりえるかを考えて、保障内容を検討しましょう。

家のリフォーム費用の目安(※1) 家のリフォーム費用の目安

  • ※1 国土交通省「増改築・改装等実態調査結果」(平成18年分)

ポイント2ムダな保障がないかチェック! 見直しで保険料が下がる場合も!!

必要保障額の見直しの例(※1) 必要保障額を見直すことで保険料を抑えることができます

これまで賃貸住宅に住んでいて、マイホームを購入したという方は、保険の見直しによって保険料を抑えることができる場合があります。 賃貸住宅にお住まいの人の死亡保障を考える際には、一家の大黒柱に万が一のことがあった場合、その後の家賃の支払いに支障が生じないように、保障金額を設定します。 しかし、通常マイホーム購入のための住宅ローンを組む際には「団体信用生命保険」に加入するため、その後は死亡保険金に家賃分を組み込む必要がなくなります。 「団体信用生命保険」は、ローンの借入人が死亡したり、高度な障害を負った場合、その時点の債務残高に相当する死亡保険金が貸し手である債権者に支払われ、借入金がなくなる、という仕組みです。
上手に保険の見直しをして、保険料を抑えましょう。

必要保障額の見直しの例(※1) 必要保障額を見直すことで保険料を抑えることができます

相談無料

お問い合わせは、お気軽に!

  • 複数の保険を比較・検討
  • コンサルタントが訪問します
  • 加入中の保険の分析だけでもOK

お問い合わせ 保険相談お申し込み

忙しい人向け!

まずはどんなプランがあるか知りたいというかたは、
Webでのご提案も行っております。

無料アドバイスはこちら

ライフステージ別保険の選び方

無料!保険の訪問相談

あんしん保険相談は保険のプロによる保険見直しが無料で行えます。

  • 複数の保険を比較・検討
  • コンサルタントが訪問します
  • 加入中の保険の分析だけでもOK

無料 保険の相談予約

お客様の声

よくある質問

年代別 見直し事例

特集・テーマで選ぶ