【20代】独身の方の個人年金の見直し

【20代】独身の方の個人年金の見直し

【20代】独身の方の個人年金の見直し

この世代はこう考えたい

漠然とした年金不安にかられて、若い世代の方でも、老後という遠い将来のために個人年金への加入を検討している方も増えていると思います。
確かに、その堅実な考え方は大切なことではあるのですが、一般的に老後といわれる年代までには、まだ約40年ほどあります。その間に、結婚、子育て、住宅購入など様々なライフイベントのため、自分自身の趣味などのため、お金が必要となることも考えられます。
そのため、流動性を有する預貯金の積立とのバランスを考えながら、老後費用の準備を考える必要があります。

FPの考える分野別必要度合い

※各分野の必要度合いを0~10で表しています。
数字が大きいほど必要度合いが高くなります。

見直し事例

  • 年齢:22歳 会社員
  • 性別:男性
  • 家族構成:父、母、妹(別居)

見直し前の加入保険

a生命 定期付終身保険(10年更新型)
普通死亡保障 3,000万円
災害死亡保障 4,500万円
疾病災害入院特約 日額 5,000円
手術給付金額 5・10・20万円
保険期間 10年
払込期間 60歳まで
月払保険料 約12,000円
FP相談前の保険加入状況

見直し後の加入保険

A生命 終身医療保険
入院給付金額 日額10,000円
手術給付金額 20万円
先進医療特約 2,000万円
保険期間 終身
払込期間 65歳まで
月払保険料 約3,000円
B生命 確定年金保険(保険料建て)
基本年金金額 約50万円
10年確定年金(65歳から)
月払保険料 約10,000円
合計月払保険料 約13,000円
※記載の保険は一例であり、特定の商品を示しているものではありません。
FP相談後の保険加入状況

担当FPからのコメント

今回の方は、20代独身であり、今後、様々なライフイベントにお金が必要になる可能性が考えられます。そのために、流動性がある金融商品での積立を行うことの方が、現在は優先順位が高いといえます。
その積立に支障がない範囲で、老後費用の準備として個人年金の加入を検討することをお勧めします。個人年金は、保険料から年金金額を算出する保険料建てと、年金金額から保険料を算出する保険金建て、の2種類がありますが、保険料建てのほうが現在、老後費用の準備に使える支出予算から考えていくことができるので分かりやすいでしょう。
また、個人年金は老後のための貯蓄を目的としていますので、総支払保険料に対する年金受取総額の割合、いわゆる返戻率を確認しておくことも忘れないように確認しておきたいですね。

担当FPからのコメント

を一覧で比較

比較

申し込みたい保険会社が決まっておらず、じっくり比較して検討したい方は商品の特長や価格を比較してみましょう。

保険商品を比較する

自分に合った保険を相談

自分に合った保険を相談

入りたい保険について特に決まっておらず、まるっとプロにおまかせしたい方は保険の訪問相談がおすすめです。

保険相談の予約をする

20代のほかの見直し事例

30~40代の見直し事例

▲年代別見直し事例に戻る

相談無料

お問い合わせは、お気軽に!

  • 複数の保険を比較・検討
  • コンサルタントが訪問します
  • 加入中の保険の分析だけでもOK

お問い合わせ 保険相談お申し込み

忙しい人向け!

まずはどんなプランがあるか知りたいというかたは、
Webでのご提案も行っております。

無料アドバイスはこちら

無料!保険の訪問相談

あんしん保険相談は保険のプロによる保険見直しが無料で行えます。

  • 複数の保険を比較・検討
  • コンサルタントが訪問します
  • 加入中の保険の分析だけでもOK

無料 保険の相談予約

お客様の声

よくある質問

年代別 見直し事例

特集・テーマで選ぶ