保険のギモンを解消! 医療保険

@niftyトップ

保険のギモン

保険のギモン医療保険の基礎知識

医療保険 特約と選ぶポイント

保険の基礎知識をご紹介しています。
保険について知ってから選びたい方や自分の入っている保険について知らない方はぜひご覧ください。

保険のギモン

医療保険 特約と選ぶポイント

どんな特約があるの?

医療保険は必要に応じて様々な特約を付帯できる商品がほとんどです。自分にとって何が必要かをしっかりと考えて加入することが、効率よく保険に加入することにつながります。

付帯できる代表的な特約は、悪性腫瘍や脳梗塞・心疾患などの生活習慣を起因として起こりやすい疾病にかかった時に入院給付金が上乗せされる生活習慣病特約や、子宮筋腫などの女性特有の疾病に備える女性疾病特約、悪性腫瘍や脳梗塞・心筋梗塞で所定の状態になった場合に一時金を受け取れる特定疾病診断給付金特約のほか、退院時に一時金が受け取れる退院特約、退院後に通院をした時に通院日数に応じて支払われる通院特約など、さまざまな種類の特約があります。

医療保険~商品を選ぶポイント~

医療保険を選ぶときにまず決めなければならないことが2つあります。

一つ目は、入院時にいくら受け取れるようにしておくか、ということです。具体的に言うと、入院した時に受け取れる入院日額を決めることです。保険会社などの広告は健康保険の高額療養費制度を考慮していない金額を掲載していることが多く、実際には広告の金額のようには医療費の自己負担がかからないことが多いと思います。サラリーマンであれば入院日額5000円~1万円程度が目安になります。

次に決めなくてはならないのが、1入院で何日まで保障を受けられる商品を選ぶか、ということです。医療保険では1入院あたりの保障する日数を60日・120日・360日などと制限されています。この1入院での保障日数は保険料への影響が大きい要素で、最近は保険料が安い商品のほうが販売しやすいという売り手(保険会社)の都合もあって、1入院あたりでの保障日数は短くなってきています。たしかに平均入院日数も短期化の傾向にありますが、地域差も大きく、特に西日本の平均入院日数は東日本に比べて長くなっています。保険会社の広告等を鵜呑みにしないで、地域性も考慮した上で、1入院あたりの保障日数をどうするか決めたいものです。

まず決めておかねばならないのがこの2点で、それから特約をどうするかなど、具体的な商品の検討を行っていくことが医療保険選びのポイントです。

医療保険を一覧で比較

比較

申し込みたい保険会社が決まっておらず、じっくり比較して検討したい方は商品を比較してみましょう。

保険商品を比較する

自分に合った保険を相談

自分に合った保険を相談

入りたい保険について特に決まっておらず、まるっとプロにおまかせしたい方は保険の訪問相談がおすすめです。

保険相談の詳細を見る

医療保険ランキング

ページの先頭へ ↑

  • 当社が取扱う生命保険商品(医療保険(入院保険)、がん保険、死亡保険(定期保険・終身保険)、個人年金保険、子供の保険(学資保険)など)について、一定の項目のみを示したものであって保険商品間の優劣を意味するものではありません。また、保険商品の内容の全てが記載されているものではありません。表示の保険料は一例であり、年齢・性別・保障内容などの前提条件によって異なります。各保険商品の保障内容・保険料等の商品の詳細につきましては、資料をお取り寄せいただき、「パンフレット」や「ご契約に際しての重要事項(注意喚起情報・契約概要)」、「ご契約のしおり・約款」等を必ずご確認ください。

  • 保険募集については以下のようになっております。
  • 資料を請求されて(または、オンラインで)申し込まれた場合: 募集代理店・取扱保険代理店 ニフティ株式会社
  • 保険相談をされて申し込まれた場合: ニフティ株式会社と以下のいずれかの募集代理店・取扱保険代理店との共同募集の取扱いになり、詳細は、お電話または書面にてお知らせ致します。マイコミュニケーション株式会社、ブロードマインド株式会社
  • 保険の無料アドバイスを申し込まれた場合: 募集代理店・取扱保険代理店 ニフティ株式会社・ブロードマインド株式会社