保険のギモンを解消! 医療保険

@niftyトップ

保険のギモン

保険のギモン医療保険の基礎知識

定期医療保険と終身医療保険はどう選ぶ?

保険の基礎知識をご紹介しています。
保険について知ってから選びたい方や自分の入っている保険について知らない方はぜひご覧ください。

保険のギモン

定期医療保険と終身医療保険はどう選ぶ?

■「定期」「終身」の違い、それぞれのメリット・デメリット
 医療保険には一定期間の保障を受けられる定期タイプの医療保険と、一生涯の保障を受けられる終身タイプの医療保険があります。

「定期タイプ」
あらかじめ10年、15年などのように保障期間を定めている保険です。年齢が若い時期には病気等になる可能性も低いので、そのぶん安い保険料で保障が得られるというメリットがあります。しかし、年齢が上がっていくに連れて病気等の可能性も上がっていくため、特に50代以降の高齢時期においては更新のたびにかなり保険料が上がってしまいます。それと70歳や80歳を上限に更新することができなくなる医療保険がほとんどで、この上限年齢を超えたときに保障が無くなってしまう可能性もあります。今後も医療技術の進歩に伴なって平均寿命が延びていくことが予想されるため、この保障を受けられる上限年齢には注意をしておく必要があります。

「終身タイプ」
一定の保険料で一生涯の保障を得ることができる保険で、保険料の支払い期間も終身払だけでなく、60歳迄や70歳迄というように幅広い選択肢から選べる商品が増えてきています。定期タイプと比べると若い時期の保険料はかなり高くなってしまいますし、途中で解約をしてしまうと結果的に割高な保険料になってしまうことがあります。

「定期タイプ」と「終身タイプ」の選択ですが、最近の長生きの傾向を反映して、一生涯の保障をカバーできる終身タイプの医療保険が人気です。終身タイプの医療保険で一生涯の保障をカバーして、保険料をリタイアする前に払い終えてしまう方法が、生涯支払う保険料を抑えられる効率的な加入方法です。

医療保険を一覧で比較

比較

申し込みたい保険会社が決まっておらず、じっくり比較して検討したい方は商品を比較してみましょう。

保険商品を比較する

自分に合った保険を相談

自分に合った保険を相談

入りたい保険について特に決まっておらず、まるっとプロにおまかせしたい方は保険の訪問相談がおすすめです。

保険相談の詳細を見る

医療保険ランキング

ページの先頭へ ↑

  • 当社が取扱う生命保険商品(医療保険(入院保険)、がん保険、死亡保険(定期保険・終身保険)、個人年金保険、子供の保険(学資保険)など)について、一定の項目のみを示したものであって保険商品間の優劣を意味するものではありません。また、保険商品の内容の全てが記載されているものではありません。表示の保険料は一例であり、年齢・性別・保障内容などの前提条件によって異なります。各保険商品の保障内容・保険料等の商品の詳細につきましては、資料をお取り寄せいただき、「パンフレット」や「ご契約に際しての重要事項(注意喚起情報・契約概要)」、「ご契約のしおり・約款」等を必ずご確認ください。

  • 保険募集については以下のようになっております。
  • 資料を請求されて(または、オンラインで)申し込まれた場合: 募集代理店・取扱保険代理店 ニフティ株式会社
  • 保険相談をされて申し込まれた場合: ニフティ株式会社と以下のいずれかの募集代理店・取扱保険代理店との共同募集の取扱いになり、詳細は、お電話または書面にてお知らせ致します。株式会社ライフプラザパートナーズ、マイコミュニケーション株式会社、株式会社ほけんの110番、ブロードマインド株式会社、FPアソシエイツ&ファイナンシャルサービシズ株式会社、株式会社グッドウィン、株式会社ウィッシュ
  • 保険の無料アドバイスを申し込まれた場合: 募集代理店・取扱保険代理店 ニフティ株式会社・ブロードマインド株式会社