保険のギモンを解消! 生命保険

@niftyトップ

保険のギモン

保険のギモン生命保険の基礎知識

世代別 (どのような保険に入るべきか) 40~50代編

保険の基礎知識をご紹介しています。
保険について知ってから選びたい方や自分の入っている保険について知らない方はぜひご覧ください。

保険のギモン

世代別 (どのような保険に入るべきか) 40~50代編

40代 既婚 子どもあり(医療保険・死亡保険・ガン保険・学資保険・個人年金保険

この世代は、子どもの教育資金や、マイホームのローン返済など家計のピンチに陥りやすい時期です。住宅資金・子どもの教育資金に対する必要保障額の考え方は前述の30代のケースと同様です。
ここでは、妻の収入予測でも必要保障額は大きく変わる点について考えていきましょう。

子育てで子どもに手がかかる時期を過ぎ、妻が短時間でも外で収入を得る機会が持てる場合は、生涯収入見込みが増えるため、保障額を減らすことが可能となります。また、妻に万が一のことがあった場合、子どもが小さく夫やその他家族が世話をしてくれないケースでは、子供の養育費(ベビーシッター代等)が必要保障額に上乗せされてきます。

50代 既婚 子どもあり (医療保険・死亡保険・ガン保険・個人年金保険)

子どもの教育資金も一段落し、夫婦二人の今後の生活について考えるこの時期にやっておきたいのは、死亡保障の見直しです。通常○千万もの多額の死亡保障は不要になります。死亡保障に関しては、妻が1人で暮らせるための遺族生活保障をベースに、必要保障額を計算します。その際、住居費用の支出では、賃貸派の方は大きなウェイトを占めます。部屋数を減らすなど家賃を減額可能ならその分保障額は低く抑えられます。

また、高齢になると罹患率(りかんりつ)も(病気になる率)増えてきます。夫婦の医療保障についてもチェックが必要でしょう。その際加入中の生命保険などについている医療保障の特約等がいつまで保障されるのか、途中で保障が切れてしまわないか確認しましょう。少なくとも平均余命までは保障が続いた方が安心ではないでしょうか。

また、子どもが独立後は、老後資金の充実を目指しましょう。これまで子どもにかけてきた資金や死亡保障に供えてきた資金を老後の生活費などの準備に当てましょう。
具体的には個人年金保険などがお勧めです。商品も多種多様なのでご自身の運用経験やリスク許容度なども考慮して、運用成果を積極的に得たい場合などは変額年金などの利用も有効かもしれません。

医療保険を一覧で比較

比較

申し込みたい保険会社が決まっておらず、じっくり比較して検討したい方は商品を比較してみましょう。

保険商品を比較する

自分に合った保険を相談

自分に合った保険を相談

入りたい保険について特に決まっておらず、まるっとプロにおまかせしたい方は保険の訪問相談がおすすめです。

保険相談の詳細を見る

医療保険ランキング

保険探し・資料請求

[生命保険] 死亡・病気に備える
[損害保険]事故・災害に備える

ページの先頭へ ↑

  • 当社が取扱う生命保険商品(医療保険(入院保険)、がん保険、死亡保険(定期保険・終身保険)、個人年金保険、子供の保険(学資保険)など)について、一定の項目のみを示したものであって保険商品間の優劣を意味するものではありません。また、保険商品の内容の全てが記載されているものではありません。表示の保険料は一例であり、年齢・性別・保障内容などの前提条件によって異なります。各保険商品の保障内容・保険料等の商品の詳細につきましては、資料をお取り寄せいただき、「パンフレット」や「ご契約に際しての重要事項(注意喚起情報・契約概要)」、「ご契約のしおり・約款」等を必ずご確認ください。

  • 保険募集については以下のようになっております。
  • 資料を請求されて(または、オンラインで)申し込まれた場合: 募集代理店・取扱保険代理店 ニフティ株式会社
  • 保険相談をされて申し込まれた場合: ニフティ株式会社と以下のいずれかの募集代理店・取扱保険代理店との共同募集の取扱いになり、詳細は、お電話または書面にてお知らせ致します。マイコミュニケーション株式会社、ブロードマインド株式会社
  • 保険の無料アドバイスを申し込まれた場合: 募集代理店・取扱保険代理店 ニフティ株式会社・ブロードマインド株式会社