保険のギモンを解消! 生命保険

@niftyトップ

保険のギモン

保険のギモン生命保険の基礎知識

保険金の請求・支払方法のポイント

保険の基礎知識をご紹介しています。
保険について知ってから選びたい方や自分の入っている保険について知らない方はぜひご覧ください。

保険のギモン

保険金の請求・支払方法のポイント

いざ、保険が役に立つ場面。保険金の請求・支払方法の大まかな流れをここでは見ていきましょう。

まず連絡

入院・手術・被保険者が亡くなったらまず、保険証券などを引っ張り出してきて保障内容を確認し、保険会社に連絡します。保険会社はそれを受けて、必要書類を送付してきます。送付された請求書に記入し、医師に診断書記入を依頼します。通常5000円から8000円程度かかるようです。

上記書類をそろえ改めて保険会社に請求します。保険会社はこれらの内容を査定し、問題が無ければ指定口座へ支払い、明細書を送付してきます。最後に契約者は支払い漏れが無いか確認します。

これでまったく問題なければ、ああ保険に入っておいて良かったなあとなるわけですが。
最近騒がれている保険金不払い問題は、その原因が、

  • 1. 加入時の告知方法
  • 2. 保険請求時の該当事由見落とし

に多く端を発していると思われます。

第一報は時間をかけて

保険証書を見ると○○特約と小さく書かれたものが、多い人では10近く並んで居たりします。どの言葉も専門用語で難しく理解するのは大変です。しかし、この(保険金受け取り)ために今まで保険料を支払ってきたのですから、保険会社への第一報は時間をかけましょう。まず被保険者の状況を説明し、それが証書に書かれた保障内容のどれに該当するのか、一つ一つの特約の内容まで根掘り葉掘り聞くのです。最近はフリーダイヤルを各保険会社用意していますので・・。実際ひとつの保険契約でも保険金の種類ごとに請求が必要になる場合が多いので注意が必要です。相手がプロだからと過信せずに、こちら側からの請求によってでしか、保険会社は動かないということを肝に銘じて、普段から保険証書を一箇所にまとめておいたり、保険会社の連絡先を一覧にしておいたり、いざというとき困らないよう準備しておきましょう。

保険金請求は本人だけがするの?

また大事なのは、保険を請求するのが本人だけとは限りません。亡くなった場合や、寝たきりの状態、告知してない状態なども想定し、保険の内容は家族みんなが理解し、請求できる状態にしておきましょう。

医療保険を一覧で比較

比較

申し込みたい保険会社が決まっておらず、じっくり比較して検討したい方は商品を比較してみましょう。

保険商品を比較する

自分に合った保険を相談

自分に合った保険を相談

入りたい保険について特に決まっておらず、まるっとプロにおまかせしたい方は保険の訪問相談がおすすめです。

保険相談の詳細を見る

医療保険ランキング

ページの先頭へ ↑

  • 当社が取扱う生命保険商品(医療保険(入院保険)、がん保険、死亡保険(定期保険・終身保険)、個人年金保険、子供の保険(学資保険)など)について、一定の項目のみを示したものであって保険商品間の優劣を意味するものではありません。また、保険商品の内容の全てが記載されているものではありません。表示の保険料は一例であり、年齢・性別・保障内容などの前提条件によって異なります。各保険商品の保障内容・保険料等の商品の詳細につきましては、資料をお取り寄せいただき、「パンフレット」や「ご契約に際しての重要事項(注意喚起情報・契約概要)」、「ご契約のしおり・約款」等を必ずご確認ください。

  • 保険募集については以下のようになっております。
  • 資料を請求されて(または、オンラインで)申し込まれた場合: 募集代理店・取扱保険代理店 ニフティ株式会社
  • 保険相談をされて申し込まれた場合: ニフティ株式会社と以下のいずれかの募集代理店・取扱保険代理店との共同募集の取扱いになり、詳細は、お電話または書面にてお知らせ致します。株式会社ライフプラザパートナーズ、マイコミュニケーション株式会社、株式会社ほけんの110番、ブロードマインド株式会社、FPアソシエイツ&ファイナンシャルサービシズ株式会社、株式会社グッドウィン、株式会社ウィッシュ
  • 保険の無料アドバイスを申し込まれた場合: 募集代理店・取扱保険代理店 ニフティ株式会社・ブロードマインド株式会社