保険のギモンを解消! 生命保険

@niftyトップ

保険のギモン

保険のギモン生命保険の基礎知識

契約後のポイント  税金

保険の基礎知識をご紹介しています。
保険について知ってから選びたい方や自分の入っている保険について知らない方はぜひご覧ください。

保険のギモン

契約後のポイント  税金

保険料を支払ったときの控除

<生命保険料控除・地震保険料控除(H18損害保険料控除が改組)個人年金保険料控除>

生命保険や、火災保険などの損害保険、個人年金保険保険料を支払うと所得税や住民税を計算するときに一定額を所得から差し引くことができます。手続き方法としては、給与所得者(サラリーマン)は年末調整で、その他の方は確定申告で、各保険会社より送付される「○○保険料控除証明書」を添付することにより控除を受けることができます。

注意点としては、個人年金保険料控除は、

  • 年金受取人が契約者か配偶者
  • 年金受取人が被保険者
  • 保険料払込期間が10年以上(一時払不可)
  • 確定年金・有期年金は年金開始日における被保険者年齢が60歳以上で、かつ受け取り期間10年以上

と4つの条件がそろっている場合です。

商品名が○○個人年金でも上記に該当しない場合は個人年金保険料控除を受けられません。その場合生命保険料控除の対象となります。なお、保険期間が5年未満の生命保険には控除対象外のものもありますので注意してください。

保険金を受け取ったときの税金

保険金受け取り時にかかる税金については、保険料の負担者や支払原因によって課税関係が変わってきます。死亡保険金は亡くなった人が契約者で被保険者の場合相続税ですし、保険料負担者が受取人でない場合は贈与税になります。満期保険金は自分が支払って自分で受け取ると一時所得の所得税・住民税ですし、他者が受け取ると贈与税。個人年金など年金方式で受け取った保険金はその年毎の雑所得として所得税がかかります。

なお、保険金と一緒に受け取る配当金は保険金額に含めて一時所得として課税対象になります。入院給付金手術給付金など保障に関しての保険金は原則非課税です。相続税の非課税枠「法定相続人の数×500万円」や、一時所得となった場合受け取り保険金から支払い保険料を引きその差額50万までは控除されさらに課税対象となるのはその半分です。

個人年金保険などはこのことも踏まえ、途中解約して一時所得としたほうが有利か、年金として雑所得として申告する方が有利か判断した方がよさそうです。

医療保険を一覧で比較

比較

申し込みたい保険会社が決まっておらず、じっくり比較して検討したい方は商品を比較してみましょう。

保険商品を比較する

自分に合った保険を相談

自分に合った保険を相談

入りたい保険について特に決まっておらず、まるっとプロにおまかせしたい方は保険の訪問相談がおすすめです。

保険相談の詳細を見る

医療保険ランキング

保険探し・資料請求

[生命保険] 死亡・病気に備える
[損害保険]事故・災害に備える

ページの先頭へ ↑

  • 当社が取扱う生命保険商品(医療保険(入院保険)、がん保険、死亡保険(定期保険・終身保険)、個人年金保険、子供の保険(学資保険)など)について、一定の項目のみを示したものであって保険商品間の優劣を意味するものではありません。また、保険商品の内容の全てが記載されているものではありません。表示の保険料は一例であり、年齢・性別・保障内容などの前提条件によって異なります。各保険商品の保障内容・保険料等の商品の詳細につきましては、資料をお取り寄せいただき、「パンフレット」や「ご契約に際しての重要事項(注意喚起情報・契約概要)」、「ご契約のしおり・約款」等を必ずご確認ください。

  • 保険募集については以下のようになっております。
  • 資料を請求されて(または、オンラインで)申し込まれた場合: 募集代理店・取扱保険代理店 ニフティ株式会社
  • 保険相談をされて申し込まれた場合: ニフティ株式会社と以下のいずれかの募集代理店・取扱保険代理店との共同募集の取扱いになり、詳細は、お電話または書面にてお知らせ致します。マイコミュニケーション株式会社、ブロードマインド株式会社
  • 保険の無料アドバイスを申し込まれた場合: 募集代理店・取扱保険代理店 ニフティ株式会社・ブロードマインド株式会社