保険のギモンを解消! 生命保険

@niftyトップ

保険のギモン

保険のギモン生命保険の基礎知識

こんなときに見直そう

保険の基礎知識をご紹介しています。
保険について知ってから選びたい方や自分の入っている保険について知らない方はぜひご覧ください。

保険のギモン

こんなときに見直そう

保険の見直しの要因・きっかけ

  • 1.ライフスタイル・職業の変化 転職や独立、離婚等
  • 2.家族構成の変化 結婚・子どもの誕生・子どもの独立
  • 3.保険料負担力の低下 失業・病気等による収入減
  • 4.経済情勢の変化 インフレによる保障機能の低下等

上記のようなさまざまな変化によって、保険のニーズと現状の保険内容とのギャップが生じてきます。そのギャップをうめる作業が、見直しの作業となります。

公的保障制度の確認を

1~4全てにいえることですが、この変化に対して、これを取り巻く公的保障(健康保険制度や雇用保険制度・公的年金制度等)も大きくかかわってくる点に注意が必要です。具体的に言うと、「サラリーマンだった夫が、独立し自営業者になった」ケース。公的医療保険が健康保険から国民健康保険になり、自己負担割合は3割でどちらも同じですが、「傷病手当金」(病気やケガで働けず給料がもらえない場合一定条件のもと支給)がありません。また、自営業者の場合入院などで働けないと即収入減に結びつくリスクも抱えることになります。死亡保障額や入院日額などサラリーマン時代よりも増額した方がよさそうです。

解約する時はタイミングに注意

また、見直し時の注意としては、新しい保険が成立する前に古い保険を解約してしまうとその間に保障の無いリスクを抱えることになります。1~2ヶ月保険料がダブってしまうこともありますが、新しい契約の成立を待ってから、古い保険の解約をしましょう。なお、古い保険はだめだと思い込んでいる方もいらっしゃいますが、予定利率が高い時期に加入した(85年~93年は年率5.5~6.0%)終身保険や養老保険は、解約しないで継続する方向の見直しもあると言うことも覚えておいてください。この場合健康上新たな保険加入が難しい場合にも有効でしょう。

「払済(はらいずみ)保険」や「延長保険」という方法も

解約は最後の手段として、単に保険料を抑えたい場合には、「払済保険」や「延長保険」などにして保険料負担を抑える方法もあります。それ以降の保険料の支払がなくなるのは一緒ですが、保険期間を変えたくない場合は「払済保険」を、保険金額を変えたくない場合は「延長保険」を選ぶことになります。ただし、この時点から特約は両方とも消滅します。

医療保険を一覧で比較

比較

申し込みたい保険会社が決まっておらず、じっくり比較して検討したい方は商品を比較してみましょう。

保険商品を比較する

自分に合った保険を相談

自分に合った保険を相談

入りたい保険について特に決まっておらず、まるっとプロにおまかせしたい方は保険の訪問相談がおすすめです。

保険相談の詳細を見る

医療保険ランキング

保険探し・資料請求

[生命保険] 死亡・病気に備える
[損害保険]事故・災害に備える

ページの先頭へ ↑

  • 当社が取扱う生命保険商品(医療保険(入院保険)、がん保険、死亡保険(定期保険・終身保険)、個人年金保険、子供の保険(学資保険)など)について、一定の項目のみを示したものであって保険商品間の優劣を意味するものではありません。また、保険商品の内容の全てが記載されているものではありません。表示の保険料は一例であり、年齢・性別・保障内容などの前提条件によって異なります。各保険商品の保障内容・保険料等の商品の詳細につきましては、資料をお取り寄せいただき、「パンフレット」や「ご契約に際しての重要事項(注意喚起情報・契約概要)」、「ご契約のしおり・約款」等を必ずご確認ください。

  • 保険募集については以下のようになっております。
  • 資料を請求されて(または、オンラインで)申し込まれた場合: 募集代理店・取扱保険代理店 ニフティ株式会社
  • 保険相談をされて申し込まれた場合: ニフティ株式会社と以下のいずれかの募集代理店・取扱保険代理店との共同募集の取扱いになり、詳細は、お電話または書面にてお知らせ致します。マイコミュニケーション株式会社、ブロードマインド株式会社
  • 保険の無料アドバイスを申し込まれた場合: 募集代理店・取扱保険代理店 ニフティ株式会社・ブロードマインド株式会社