ニフティのあんしん保険相談のよくある質問 保険の選び方について。

よくある質問(FAQ)

よくある質問(FAQ)
保険の選び方について

生命保険に加入したら貯蓄もできるって本当ですか?

生命保険の中には貯蓄ができる商品があります。

掛け捨ては損だから、貯蓄ができる保険に加入したいと考える方は多いですよね。
おっしゃるとおり、生命保険にも貯蓄ができる商品があります。
例えば、終身保険や養老保険は、貯蓄性の高い保険商品の代表格です。
終身保険は生涯に渡る保障が受けられる一方で、保険を解約した時にはお金(解約返戻金)が戻ってくることがあります。また、養老保険は、一定期間の保障が受けられ、満期の際には満期金を受け取ることができます。

貯蓄ができるオトクな生命保険とは

しかし、いずれも貯蓄性が高いメリットがありますが、保険料が割高であるというデメリットもあります。
そのデメリットをカバーした商品として、終身保険の一つに、低解約返戻金型終身保険という生命保険商品があります。
この商品は、保険料払込期間中は、解約返戻金が低く抑えられているのですが、保険料払込期間が終了後は、解約返戻金が払込保険料累計を上回ります。
そのため、保険料を毎月の積立金額として考えて、利用されている方も多い商品です。
生命保険会社によって、予定利率も異なりますし、インフレに強い利率変動型の商品もありますので、ご相談の上、比較検討されるとよいでしょう。

低解約返戻金型終身保険の注意点

低解約返戻金型終身保険で注意する必要があるのは、払込期間中の中途解約の場合は、解約返戻金が払込保険料累計を下回ることになるということと、保険料払込期間終了後、払込保険料累計を上回る解約返戻金を利用するときには、生命保険を解約する必要がありますので、保障は継続しないということです。

その他の貯蓄ができる生命保険

また、例えば同じ貯蓄でも、長期に渡ってセカンドライフの資金を積み立てていきたいという目的であれば、個人年金保険の利用も、生命保険商品を使った貯蓄の方法のひとつです。
生命保険商品を利用して貯蓄を考えるのであれば、満期金や解約返戻金、年金受取累計額等を、払込保険料累計で割ることによって求められる返戻率がいくらかを確認してみることをお勧めします。
この返戻率は、生命保険会社によって大きく異なります。中には、貯蓄に重点をおいて生命保険に加入しているはずなのに、返戻率が100%を下回る内容になっている契約を保有している方を見かける時もしばしばありますので、注意が必要です。

よくある質問(FAQ)一覧へ戻る

相談無料

お問い合わせは、お気軽に!

  • 複数の保険を比較・検討
  • コンサルタントが訪問します
  • 加入中の保険の分析だけでもOK

お問い合わせ 保険相談お申し込み

忙しい人向け!

まずはどんなプランがあるか知りたいというかたは、
Webでのご提案も行っております。

無料アドバイスはこちら

無料!保険の訪問相談

あんしん保険相談は保険のプロによる保険見直しが無料で行えます。

  • 複数の保険を比較・検討
  • コンサルタントが訪問します
  • 加入中の保険の分析だけでもOK

無料 保険の相談予約

お客様の声

よくある質問

年代別 見直し事例

特集・テーマで選ぶ