ニフティのあんしん保険相談のよくある質問 保険の選び方について。

よくある質問(FAQ)

よくある質問(FAQ)
人気のよくある質問 保険の選び方について

定期保険と終身保険の違い、メリット・デメリットにはどんなものがありますか?

保障期間と総支払保険料が異なり、それぞれ目的によってメリット・デメリットがあります。

一定期間だけ保障される定期保険と、生涯にわたって保障が受けられる終身保険。
保障期間以外にどのような違い、メリット・デメリットがあるかを整理してみましょう。

保険料はどう?

一定期間だけ保障される定期保険は解約返戻金がない、またほとんどないいわゆる掛け捨ての保険であるため、解約返戻金のある終身保険よりも保険料が低く設定されています。

ただし、定期保険の保障期間終了後も、同内容で保障の継続更新を考える場合、更新時の年齢で再計算されることになるので、加入時の保険料から金額が上がることなく払い込んでいく終身保険よりも、定期保険の方が総支払保険料が高くなってしまうケースもあります。定期保険に加入して更新継続した場合と、終身保険に加入した場合の総支払保険料を比較してもらうと、分かりやすいでしょう。
なお、定期保険の更新は一定年齢で終了してしまうことが一般的であるため、生涯更新できないことには注意が必要です。

保険の目的は?

定期保険と終身保険、どちらが優れた保険であるというお話ではありません。
それぞれの特徴をおさえて目的に合わせて選ぶことが大切です。

保険で備える費用には、生涯にわたって保障が必要なもの、必要でないものがあります。
例えば、葬祭費用は生涯にわたって保障が必要なものの一つです。何歳で亡くなった場合にも、葬祭費用は必要ですよね。このような性格の費用には終身保険で備えることが適しています。
しかし、遺された家族のための生活費や教育費は、お子様の独立の時期まで等、一定期間の保障で足りる性格の費用です。このような費用には、定期保険で備えることが適しています。

また、医療保険、がん保険に関しては、終身保険をベースに考えて、新しい医療技術への対応やライフスタイルの変化などに合わせて、定期保険で上乗せを考えるようにするとよいでしょう。
もし自分の場合はどちらが合っているか分からない場合は、保険の専門家に相談してみるのをお勧めします。

よくある質問(FAQ)一覧へ戻る

相談無料

お問い合わせは、お気軽に!

  • 複数の保険を比較・検討
  • コンサルタントが訪問します
  • 加入中の保険の分析だけでもOK

お問い合わせ 保険相談お申し込み

忙しい人向け!

まずはどんなプランがあるか知りたいというかたは、
Webでのご提案も行っております。

無料アドバイスはこちら

無料!保険の訪問相談

あんしん保険相談は保険のプロによる保険見直しが無料で行えます。

  • 複数の保険を比較・検討
  • コンサルタントが訪問します
  • 加入中の保険の分析だけでもOK

無料 保険の相談予約

お客様の声

よくある質問

年代別 見直し事例

特集・テーマで選ぶ