ニフティのあんしん保険相談のよくある質問 女性のお悩みについて。

よくある質問(FAQ)

よくある質問(FAQ)
女性のお悩みについて

独身なのですが、女性も保険に入ったほうがいいのですか?

万一の備えや、貯蓄も兼ねて、保険加入を検討してみると良いでしょう。

男性女性問わず、独身だから保険が必要ないとは言えません。
どんな保険が必要なのかを整理してみましょう。

死亡保障は必要?

独身の時期は、男性女性問わず、家族を扶養している等の事情がない限り、大きな死亡保障は必要がありません。一般的には、万一の際の葬祭費用程度の死亡保障を終身保険で用意しておけば十分でしょう。
なお、クレジットカードやカーローンなど借入がある場合にはその返済費用もカバーできるように保障を考えておきたいですね。

医療保障は必要?

独身の中でも、特に若い時期は十分な預貯金が用意できていないことも多いと思います。
入院中の食事代や個室等を希望した場合の差額ベッド代、また、100万円を超えることもある先進医療の技術料は公的医療保険でカバーできません。
民間医療保険に加入していない場合、入院時には預貯金の取り崩しが発生することも考えられます。仕事も休まなくてはならず、十分な預貯金がない場合には不安も募るでしょう。病気やケガで入院した場合に、お金の心配をせずに十分な治療を受けるためにも、医療保険に加入することをお勧めします。

また、将来結婚し、妊娠した時に保険を検討すると考える方もいらっしゃいますが、妊娠してからの保険加入は、出産関連の入院や手術などは給付金支払いの対象外になってしまうなど保障内容に制限が加わる可能性がありますので注意しましょう。

保険でお金も貯められる?

保障という意味では少し話がそれますが、保険を活用してお金を貯めることもできます。
お金を貯めることができる保険といって思い浮かぶのは、老後に年金給付が受けられる個人年金保険や一定の保障期間が満期を迎えたときに満期金を受け取れる養老保険でしょうか。
貯蓄として個人年金保険や養老保険を検討する際は、払込保険料累計と受取ることができる年金総額または満期金を必ず比較して、元本割れが生じないようにしましょう。

また、終身保険も貯蓄性がある保険商品です。
終身保険の中でも、低解約返戻金型の終身保険は保険料払込期間終了時までは解約返戻金の金額が抑えられていますが、その後は解約返戻金が払込保険料累計を超えるように設計されています。貯蓄を兼ねて、保険の加入を検討してみるのもよいですね。

よくある質問(FAQ)一覧へ戻る

相談無料

お問い合わせは、お気軽に!

  • 複数の保険を比較・検討
  • コンサルタントが訪問します
  • 加入中の保険の分析だけでもOK

お問い合わせ 保険相談お申し込み

忙しい人向け!

まずはどんなプランがあるか知りたいというかたは、
Webでのご提案も行っております。

無料アドバイスはこちら

無料!保険の訪問相談

あんしん保険相談は保険のプロによる保険見直しが無料で行えます。

  • 複数の保険を比較・検討
  • コンサルタントが訪問します
  • 加入中の保険の分析だけでもOK

無料 保険の相談予約

お客様の声

よくある質問

年代別 見直し事例

特集・テーマで選ぶ