ニフティのあんしん保険相談のよくある質問 女性のお悩みについて。

よくある質問(FAQ)

よくある質問(FAQ)
女性のお悩みについて

普通のがん保険と女性向けがん保険、どう違うのですか?

女性向けがん保険は、女性特有のがんに罹った場合に、普通のがん保険に比べて手厚い給付を受けることができます。

がん保険を検討する際に、普通のがん保険と女性向けのがん保険がどう違っていて、どう選んだらよいかを考えている女性は多いかもしれませんね。どのような基準で選べば良いのか考えてみましょう。

女性向けがん保険とは?

女性向けのがん保険とは、女性特有のがんに罹った場合に手厚い給付を受けることができるがん保険のことをいいます。主契約そのものが女性向けのがん保険としての保障内容になっている場合と、普通のがん保険に特約で女性向けのがん保険としての保障内容を付加することができる場合があります。

女性向けのがん保険の保障内容は、保険会社によって異なりますが、女性特有のがんに罹った場合に、それ以外のがんでも支給される入院給付金や手術給付金、診断給付金の金額に上乗せした金額が給付されたり、乳がんで乳房を切除した場合に乳房を再建する治療を受けた場合に給付金が支給されたりします。

女性は女性特有のがん保険に罹りやすいか?

独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センターの調べ によると、女性が罹りやすいがんは1位乳がん、2位大腸がん、3位胃がんとなっており、女性が女性特有のがんにだけかかりやすいとは言えません。確かに、乳がんは女性が罹りやすいがんの1位なので、乳房切除後に乳房再建治療を受けた場合に給付金が支給されることは、心強いかもしれません。ただ、乳房再建治療は以前、公的医療保険の対象外であったため多額の費用がかかりましたが、現在は公的医療保険が適用されるため費用負担は以前ほど大きくはありません。漠然と、女性向けのがん保険を選択するのではなく、女性特有のがんに罹った場合に手厚い給付を受けることに自分にとって意味があるかないかを考えてみましょう。

既存の保障内容と併せて検討を

また、がん保険の検討は既に加入されている医療保険があれば、その保障内容もあわせて検討されることをお勧めします。がんに罹り、入院した場合、がん保険だけではなく医療保険からも入院給付金や手術給付金が支給されることになります。その医療保険からの給付金額にがん保険でどれくらい上乗せを作るのか、女性向けがん保険でさらに上乗せを作るのかを保険料も考慮しながら検討しましょう。がん保険は、特約のバラエティに富んでいるため、何を選んでいいのか難しい面もあります。普通のがん保険も含めて、専門家に選び方を相談されることをお勧めします。

ディスクリプション
普通のがん保険と女性向けのがん保険は、何が違うのでしょうか?女性向けのがん保険の代表的な保障内容にはどんなものがあるのかを踏まえ、普通のがん保険を含めたがん保険の選び方、考え方について整理してみましょう。

よくある質問(FAQ)一覧へ戻る

相談無料

お問い合わせは、お気軽に!

  • 複数の保険を比較・検討
  • コンサルタントが訪問します
  • 加入中の保険の分析だけでもOK

お問い合わせ 保険相談お申し込み

忙しい人向け!

まずはどんなプランがあるか知りたいというかたは、
Webでのご提案も行っております。

無料アドバイスはこちら

無料!保険の訪問相談

あんしん保険相談は保険のプロによる保険見直しが無料で行えます。

  • 複数の保険を比較・検討
  • コンサルタントが訪問します
  • 加入中の保険の分析だけでもOK

無料 保険の相談予約

お客様の声

よくある質問

年代別 見直し事例

特集・テーマで選ぶ