ニフティのあんしん保険相談のよくある質問 保険の見直し・お手続きについて。

よくある質問(FAQ)

よくある質問(FAQ)
保険の見直し・お手続きについて

失業して保険料の支払いが厳しいので生命保険はやめてもいいですか?

必要な保障を受けられなくなることを避けるために、保険内容の見直しや、保険の変更を検討するのが良いでしょう。

必要な保険、不要な保険

景況に明るさが見えづらい今日、ある日職を失うこともあるでしょう。失業し、収入が途絶えた状況で生命保険の保険料を払い続けるのは難しいこともあると思いますが、生命保険は解約してしまってもいいものでしょうか。

現在加入している保険の内容をまず確認して、必要な保険や不要な保険を整理してみましょう。そのためには、まず現在加入している保険の内容を理解することが必要になります。専門家に、現在加入している保険の内容を説明してもらうと良いでしょう。収入の厳しい状態において、付き合い等で加入した内容のよく分からない生命保険にお金を支払う余裕はありませんよね。

保険料の支払いが厳しい時には…

加入している保険の内容を確認して、必要性のある保険以外は解約したけれども、それでもなお保険料の支払いが厳しいということもあるでしょう。その際、一番簡単な見直し方法としては、保険金や給付金の減額をするという手段があります。しかし、それでは必要な保障を得られない可能性もありますし、保険料を抑えることができるとはいえ、保険料の支払いは継続します。既存の保険を解約後、定期保険に新たに加入することで保険料を抑えながら必要な保障を確保する方法もありますが、年齢や健康状態によってはその方法を選択することができない場合もあります。その他に保険料の支払いが厳しい時に選択できる方法はないのでしょうか。

延長(定期)保険、払済保険への変更

延長(定期)保険への変更
保険料の払い込みを中止して、その時点での解約返戻金をもとにして定期保険に変更する方法があります。延長(定期)保険に変更すると、特約は全て消滅します。しかし、保険期間は短くなるものの、保障額が変わらないというメリットがありますし、年齢や健康状態を問わずにこの方法を選択することができます。

払済保険への変更
保険料の払い込みを中止して、その時点での解約返戻金をもとにして、保険期間を短くせずに、保障額の少ない保険に変更する方法もあります。これを払済保険への変更と言います。払済保険に変更した場合も、特約は全て消滅します。

失業しても必要な保険を継続するために

失業して保険料の支払いが厳しいためにすぐに保険を解約してしまうのは早計です。必要な保険・不要な保険を整理した上で、必要な保険を継続するための方法がないかどうか専門家に相談してみることをお勧めします。

よくある質問(FAQ)一覧へ戻る

相談無料

お問い合わせは、お気軽に!

  • 複数の保険を比較・検討
  • コンサルタントが訪問します
  • 加入中の保険の分析だけでもOK

お問い合わせ 保険相談お申し込み

忙しい人向け!

まずはどんなプランがあるか知りたいというかたは、
Webでのご提案も行っております。

無料アドバイスはこちら

無料!保険の訪問相談

あんしん保険相談は保険のプロによる保険見直しが無料で行えます。

  • 複数の保険を比較・検討
  • コンサルタントが訪問します
  • 加入中の保険の分析だけでもOK

無料 保険の相談予約

お客様の声

よくある質問

年代別 見直し事例

特集・テーマで選ぶ