【20代】共働きで子供のいない家庭の医療保障の見直し

【20代】共働きで子供のいない家庭の医療保障の見直し

【20代】共働きで子供のいない家庭の医療保障の見直し

この世代はこう考えたい

20代の共働き夫婦で、まだ子供のいない家庭においては、大きな死亡保障は必要ありません。なぜなら、夫婦のどちらか一方が亡くなった場合でも、遺された方が自らの収入で生活できるため、生活費の工面にたちまち困ってしまう可能性は低いからです。
ただし、同じ共働き夫婦でも、主としてご主人が収入を得て、奥様はパートなどで収入を得ている場合は、ご主人が亡くなった場合の保障を考えておく必要があります。

また、万一、病気やけがで長期に渡り入院した際、今後考えられるライフプラン(子育て費用や教育費、住宅購入費等)のために、預貯金からの支出は避けたいものです。シンプルな医療保険で備えておくことが望ましいでしょう。

FPの考える分野別必要度合い

※各分野の必要度合いを0~10で表しています。
数字が大きいほど必要度合いが高くなります。

見直し事例

  • 年齢:27歳 会社員
  • 性別:男性
  • 家族構成:妻(26歳 会社員)

見直し前の加入保険

a生命 定期付き終身保険(15年更新型)
普通死亡保障 5,000万円
災害死亡保障 6,000万円
医療特約 日額10,000円
手術給付金額 5・10・20万円
保険期間 15年
払込期間 62歳まで
月払保険料 約17,000円
FP相談前の保険加入状況

見直し後の加入保険

A生命 終身保険
普通・災害死亡保障 300万円
保険期間 終身
払込期間 65歳まで
月払保険料 約5,000円
B生命 終身医療保険
入院給付金額 日額10,000円
手術給付金額 20万円
先進医療特約 2,000万円
保険期間 終身
払込期間 65歳まで
月払保険料 約3,500円
合計月払保険料 約8,500円
※記載の保険は一例であり、特定の商品を示しているものではありません。
FP相談後の保険加入状況

担当FPからのコメント

今回のご夫婦は、どちらも会社員で共働きであり、お子様がいらっしゃらないので、大きな死亡保障は必要ないと考えます。万一、ご夫婦のどちらかが亡くなった場合の葬儀に関連する費用が備えてあれば十分でしょう。まずは、医療保障の検討から始め、まだ家計に余裕があれば死亡保障の検討を行ってみましょう。
また、若い時期は保険料も割安です。将来、年金生活になる前に保険料の払込期間が終了するように設計しておくことも、検討の際、視野に入れておきたいものですね。

担当FPからのコメント

医療保険を一覧で比較

比較

申し込みたい保険会社が決まっておらず、じっくり比較して検討したい方は商品の特長や価格を比較してみましょう。

保険商品を比較する

自分に合った保険を相談

自分に合った保険を相談

入りたい保険について特に決まっておらず、まるっとプロにおまかせしたい方は保険の訪問相談がおすすめです。

保険相談の予約をする

20代のほかの見直し事例

30~40代の見直し事例

▲年代別見直し事例に戻る

相談無料

お問い合わせは、お気軽に!

  • 複数の保険を比較・検討
  • コンサルタントが訪問します
  • 加入中の保険の分析だけでもOK

お問い合わせ 保険相談お申し込み

忙しい人向け!

まずはどんなプランがあるか知りたいというかたは、
Webでのご提案も行っております。

無料アドバイスはこちら

無料!保険の訪問相談

あんしん保険相談は保険のプロによる保険見直しが無料で行えます。

  • 複数の保険を比較・検討
  • コンサルタントが訪問します
  • 加入中の保険の分析だけでもOK

無料 保険の相談予約

お客様の声

よくある質問

年代別 見直し事例

特集・テーマで選ぶ