【30~40代】子供のいる家庭の保険の見直し

【30~40代】子供のいる家庭の保険の見直し

【30~40代】子供のいる家庭の保険の見直し

この世代はこう考えたい

30~40代で子供がいるご夫婦は住宅購入によりローンを抱えている方も多く、子供の教育費の負担と合わせると、老後の備えにまでお金が回らないという世帯も多いようです。子供の教育費の負担が落ち着くまでは、ご夫婦のセカンドライフの準備は二の次で、家族の今の生活を守るために何を備えておくべきかが優先される時期です。

死亡保障や長期入院に備えた医療保障を優先し、余裕資金については流動性を重視した貯蓄方法を選択し、不測の出費に備えるべきでしょう。

FPの考える分野別必要度合い

※各分野の必要度合いを0~10で表しています。
数字が大きいほど必要度合いが高くなります。

見直し事例

  • 年齢:40歳 会社員
  • 性別:男性
  • 家族構成:妻(39歳 パート)、長女(中1)、長男(小5)

見直し前の加入保険

a生命 定期付き終身保険
普通死亡保障 6,000万円
災害死亡保障 8,000万円
入院特約 日額5,000円
手術給付金額 5・10・20万円
保険期間 10年
払込期間 60歳まで
月払保険料 約42,000円
FP相談前の保険加入状況

見直し後の加入保険

A生命 終身保険
普通・災害死亡保障 300万円
保険期間 終身
払込期間 65歳まで
月払保険料 約5,000円
B生命 収入保障保険
年金月額 25万円(年金受取総額 約7,500万円)
保険期間 65歳まで
払込期間 65歳まで
支払保証期間 1年
月払保険料 約8,000円
C生命 終身医療保険
入院給付金額 日額5,000円
手術給付金額 10万円
先進医療特約 2,000万円
保険期間 終身
払込期間 65歳まで
月払保険料 約3,000円
合計月払保険料 約16,000円
※記載の保険は一例であり、特定の商品を示しているものではありません。
FP相談後の保険加入状況

担当FPからのコメント

今回のご家族は、お子様が中学1年生と小学5年生と育ちざかりで、これから教育費がまだまだかかる時期です。そのため、ご主人が亡くなった場合に備えて、奥様とお子様の生活費についての保障だけでなく、教育プランに沿った、教育費の保障も考えておく必要があります。死亡保障に重点を置き、その次に支出のバランスを考慮して医療保障のボリュームを考えるとよいでしょう。
ライフイベントが目白押しのこの世代。それに加えて老後のために個人年金等の積立を開始するのは負担が大きいと考えます。老後の準備は、お子様の教育費準備が落ち着いた頃から徐々に始めていかれてはいかがでしょうか。もしくは、終身保険の保険料払込期間が終了した後、年金に変更できるものあります。家計に無理のない方法を専門家に相談してみるのもいいでしょう。

担当FPからのコメント

死亡保険を一覧で比較

比較

申し込みたい保険会社が決まっておらず、じっくり比較して検討したい方は商品の特長や価格を比較してみましょう。

保険商品を比較する

自分に合った保険を相談

自分に合った保険を相談

入りたい保険について特に決まっておらず、まるっとプロにおまかせしたい方は保険の訪問相談がおすすめです。

保険相談の予約をする

30~40代のほかの見直し事例

50代の見直し事例

▲年代別見直し事例に戻る

相談無料

お問い合わせは、お気軽に!

  • 複数の保険を比較・検討
  • コンサルタントが訪問します
  • 加入中の保険の分析だけでもOK

お問い合わせ 保険相談お申し込み

忙しい人向け!

まずはどんなプランがあるか知りたいというかたは、
Webでのご提案も行っております。

無料アドバイスはこちら

無料!保険の訪問相談

あんしん保険相談は保険のプロによる保険見直しが無料で行えます。

  • 複数の保険を比較・検討
  • コンサルタントが訪問します
  • 加入中の保険の分析だけでもOK

無料 保険の相談予約

お客様の声

よくある質問

年代別 見直し事例

特集・テーマで選ぶ