【50代】独身の方の保険と個人年金の見直し

【50代】独身の方の保険と個人年金の見直し

【50代】独身の方の保険と個人年金の見直し

この世代はこう考えたい

50代という世代は、持病をもっているという方も少なくありません。保険の必要性を肌身で実感し始める世代と言えるかもしれません。

現在、独身であり、家族の扶養等を考える必要がなければ、大きな死亡保障は必要ありません。

収入、預貯金共に余裕がある時期でもあると思います。万一、病気やけがなどで長期に渡って入院する際、状況に応じて、個室等の利用も検討ができるように医療保障の充実を図っておくのもよいでしょう。

将来、老後をどのように過ごすのかも含めて、今後のライフプランに沿った資金準備が十分か、再確認しておきたい時期でもあります。

FPの考える分野別必要度合い

※各分野の必要度合いを0~10で表しています。
数字が大きいほど必要度合いが高くなります。

見直し事例

  • 年齢:55歳 公務員
  • 性別:女性
  • 家族構成:弟夫婦(別居)

見直し前の加入保険

a生命 定期付終身保険
普通死亡保障 2,000万円
災害死亡保障 3,000万円
入院医療特約 日額 5,000円
手術給付金額 5・10・20万円
保険期間 10年
払込期間 65歳まで
月払保険料 約36,000円
b生命 個人年金保険
10年確定年金 60歳開始
年金額 36万円
月払保険料 約29,000円
合計月払保険料 約65,000円
FP相談前の保険加入状況

見直し後の加入保険

A生命 終身保険
普通・災害死亡保障 300万円
保険期間 終身
払込期間 終身
月払保険料 約6,500円
B生命 終身医療保険
入院給付金額 日額10,000円
手術給付金額 20万円
先進医療特約 2,000万円
保険期間 終身
払込期間 終身
月払保険料 約6,500円
b生命 個人年金保険(継続)
基本年金金額 36万円
10年確定年金(60歳から)
月払保険料 約29,000円
合計月払保険料 約42,000円
※記載の保険は一例であり、特定の商品を示しているものではありません。
FP相談後の保険加入状況

担当FPからのコメント

今回の場合、ご本人が独身であるため、大きな死亡保障は必要ありません。死亡保障としては、葬儀費用に必要な金額を備えておけば十分と言えます。
ただし、ご両親が既に退職しているなど、ご自身が扶養をしている立場であればその限りではありません。

また、医療保障に関しては、収入とのバランスを考えながら、保障の充実を図っておきましょう。できれば入院の際は、個室を利用したいと考える女性も少なくありません。万一入院をすることになった場合、状況に応じて、対応ができるように備えておきましょう。

そして、老後のことにも少しずつ目を向けておきたい時期でもあります。今回の方は、公務員ですので、十分な退職金を得ることも見込めます。退職金を利用して、一時払型の個人年金に加入することを検討しても良いでしょう。将来的に介護が必要となる可能性も踏まえ、老後の備えをさらに充実させる手段を考えておくことが大切です。

担当FPからのコメント

医療保険を一覧で比較

比較

申し込みたい保険会社が決まっておらず、じっくり比較して検討したい方は商品の特長や価格を比較してみましょう。

保険商品を比較する

自分に合った保険を相談

自分に合った保険を相談

入りたい保険について特に決まっておらず、まるっとプロにおまかせしたい方は保険の訪問相談がおすすめです。

保険相談の予約をする

50代のほかの見直し事例

セカンドライフの見直し事例

▲年代別見直し事例に戻る

相談無料

お問い合わせは、お気軽に!

  • 複数の保険を比較・検討
  • コンサルタントが訪問します
  • 加入中の保険の分析だけでもOK

お問い合わせ 保険相談お申し込み

忙しい人向け!

まずはどんなプランがあるか知りたいというかたは、
Webでのご提案も行っております。

無料アドバイスはこちら

無料!保険の訪問相談

あんしん保険相談は保険のプロによる保険見直しが無料で行えます。

  • 複数の保険を比較・検討
  • コンサルタントが訪問します
  • 加入中の保険の分析だけでもOK

無料 保険の相談予約

お客様の声

よくある質問

年代別 見直し事例

特集・テーマで選ぶ